ホーム

企業情報

サステナビリティ

企業情報

About

サプライチェーンにおける
サステナビリティ基本方針

  1. 丸紅リアルエステートマネジメントは、自らがサステナビリティへの取り組みを強化するに留まらず、そのサプライチェーンにおけるサステナビリティへの取り組み強化をサポートし、地球環境に配慮した健全で持続可能な社会の構築を目指してまいります。
  2. 丸紅リアルエステートマネジメントは、次項の『サプライチェーンにおけるサステナビリティ・ガイドライン』を定め、取引先に対して、その順守に対する理解と協力を求め、取引先と共により実効性の高いサステナビリティへの取り組みを推進してまいります。また、同ガイドラインの浸透を図るためにコミュニケーションのみならず、取引先訪問の際に、必要に応じて助言、要請、指導や優良事例の共有を行うなど、取引先のキャパシティ・ビルディングに取り組みます。
  3. サプライチェーンにおけるサステナビリティ・ガイドライン
    1)法令順守
    当該国および取引に係る諸国の関連法令を順守する。
    2)人権尊重
    人権を尊重し、差別・各種ハラスメント・虐待などの非人道的な扱いをしない。
    児童労働、強制労働を行わない。
    従業員の労働時間と休日・休暇を適切に管理し、過度な時間外労働を禁止する。
    法定最低賃金を遵守するとともに、生活賃金以上の支払いに配慮する。不当な賃金の減額を行わない。
    労使間協議の実現手段としての従業員の団結権及び団体交渉権を尊重する。
    3)環境保全
    気候変動問題の重要性を認識し、適切に対応する。
    自然環境を保護する。
    環境への負荷を低減し、汚染を防止する。
    4)公正取引
    公正な取引を行い、自由な競争を阻害しない。
    贈賄や違法な献金を行わず、腐敗を防止する。
    5)安全衛生
    職場の安全・衛生を確保し、労働環境を保全する。
    6)品質管理
    商品やサービスの品質・安全性を確保する。
    7)情報開示
    上記を含め、会社情報を適宜適切に開示する。
  4. 丸紅リアルエステートマネジメントは、本方針のうち、労働基準を満たさない仕入先への対応手順を以下のとおり制定しています。
    1. (1)本方針のうち、労働基準に関する1)法令順守、2)人権尊重、5)安全衛生を満たさないことが明らかになった仕入先に対して、必要に応じ、
      • 事実確認、
      • 事実である場合、その背景および改善策の報告、
      を要請する。また、状況に応じて仕入先を訪問する。
    2. (2)改善策が不十分と判断される場合には、更なる施策実施を要請する。
    3. (3)上記(1)~(2)を実施してもなお、改善策が進捗しない状況が続く場合は、取引の継続可否を検討する。

以上

 

サステナビリティ経営方針

当社の「サステナビリティ」に対する考え方

丸紅グループにとってのサステナビリティとは、「経営理念の実践を通じて『今日より豊かな未来を創る』こと」と定めています。

そこで丸紅グループ内における不動産総合マネジメントサービス業を担っている当社では、「不動産の価値創造で人と街の未来を支える」ことを、サステナビリティに対する基本理念とします。

私たちは、様々なステークホルダーの皆さまとともに、不動産を取り巻く様々な環境・社会課題の解決に向け積極的に取り組み、不動産の価値創造を通じて、人と街の持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 

不動産の価値創造で「人」の未来を支えます

私たちは1960年の創業時からバブル崩壊後の多難な時期を経て、これまで一貫して私たちができる最大限のサービスを追求してまいりました。

しかしながら、社会を取り巻く環境は刻々と変化しております。現代においては例えば「IT技術の進化」「少子高齢化」 「環境問題の深刻化」といった変化が生じており、その環境の変化に応じて人々のニーズも変わってきております。

そのような社会の中で当社は、今日より豊かな未来を創るために、「サプライチェーンにおけるサステナビリティ基本方針」を策定しました。「当社なら安心」という信頼感を深め、持続可能で強靭なサプライチェーンを構築します。

また全ての社員が、働きがいを感じながら社会から必要とされ評価を受ける「人財」となるように、社内の基盤づくりを目指してまいります。

そして様々なステークホルダーの皆様のニーズを先取りし、積極的に応え続けることで人の未来づくりに貢献してまいります。

 

不動産の価値創造で「街」の未来を支えます

私たちは創業時から60年以上の間、その「街」その「地域」に溶け込み、過去のストーリーを大切にしながら未来のストーリーを描き続けてまいりました。

昨今では建物の老朽化が問題となっており、また環境問題の深刻化に伴う大規模な自然災害により、都市に求められる機能は増してきております。

そのような環境の中で当社は、今日より豊かな未来を創るために、気候変動を含む環境課題に自ら取り組むとともに、ステークホルダーの皆様に対しても積極的に情報・サービスの提供を行ってまいります。

また地域社会への貢献が必要不可欠であると認識し、人々にとって暮らしやすい、働きやすい場所の構築、不動産の価値向上に 寄与することで、持続可能な安心・安全な街の未来づくりに貢献してまいります。

 

私たちは、新しい社会・不動産の新たなフィールドで新事業の創出を通し、人と街の未来を支えてまいります。

トップに戻る